シロアリ被害から家を守るために

シロアリの被害は、一般の方が思っている以上に恐ろしいものです。
例えば、家の土台や柱がシロアリの被害に遭っていると、地震が起きた際にそれが原因となって家が倒壊する可能性もあるのです。

日本に生息しているシロアリは約20種類と言われています。中でも住まいに被害を及ぼすのは、ヤマトシロアリとイエシロアリの二種類です。

ヤマトシロアリは、北海道の北部をのぞく日本全域に生息している種です。
4月から5月にかけて新しい巣を作るために群れをなして飛び立ちます。
ヤマトシロアリは、湿度の高い腐朽した木材に好んで生息する性質があるので、建物の下部材に被害が多く見られます。

イエシロアリは、千葉県以西の温暖な沿岸地域を中心に生息している種です。
5月から7月にかけて集団で飛び立ち、新しい巣を作ります。
イエシロアリの被害はヤマトシロアリよりも甚大です。
建物の下部材だけでなく、建物全体に被害を及ぼします。
また、イエシロアリは、古い木材よりも新しい木材を好んで加害するという特徴もあります。

このような被害を防ぐためには、業者による防除対策が最も効果的です。
シロアリ業者のアサンテでは、木部処理と土壌処理の二つの方法を並行して防除作業を行います。
木部処理で木材に直接薬剤を注入し、土壌処理で床下地面に薬剤のバリア層を作ります。
シロアリ業者アサンテが行っているこの二つの処理方法は、並行して行なうことでより効果が発揮できるものなのです。

被害を防ぐためには、定期的な処置をすることが大切です。
一度防除対策を施しても、また同じような被害が起きる可能性もあります。
ですから、業者に依頼する際には、処置後のアフターサービスがしっかりしている業者を選ぶことをオススメします。
シロアリ業者アサンテであれば、五年間の保証サービスがついています。
また、年一回の定期点検も無償で行ってくれます。

大切な家をシロアリの被害から守るために、アサンテのような実績があり良心的な業者さんに一度点検をお願いしてみましょう。